心療内科なら名古屋市東区のからだと心泉やわらかクリニックへ

052-971-3711
WEB予約はこちら

久屋大通駅 徒歩5分 / 高岳駅 徒歩7分
栄・丸の内地区からも徒歩圏内

心療内科

心療内科

ストレスからくる心身の不調を診療致します。
内科で診療を受けてもなかなか症状が改善しない場合はご相談下さい。

よくある症状や疾患
  • うつ病
  • 不眠症
  • パニック障害
  • 自律神経失調症
  • ストレス障害
  • など

うつ病

うつ病の患者数は近年、増加しており、およそ73万人にのぼると報告されています。
別の調査では、16人に1人が、生涯にうつ病を経験しているとも推定されています。ですから、うつ病はだれにとっても身近な病気であるといえます。

だれでも、いやなことや悲しいことがあると、気分が沈んだりやる気がなくなったりすることがあります。しかし、うつ病は、日常で感じる一時的な気分の落ち込みなどではありません。言葉では表現しようがないほどつらい沈んだ気分または興味喜びの喪失が、ほとんど一日中、ほぼ毎日、2週間以上続き、仕事や日常生活に支障が出てくる状態が「うつ病」とされています。

原因がはっきりしている場合もありますがはっきりしないこともあります。イメージ的には心の慢性的かつひどいエネルギー不足と理解するとわかりやすいかと思います。人は生きていく上で体力も使いますが精神力(≒心のエネルギー)も消費します。いわゆるストレス下ではそのエネルギーの消費がかさみ、心の疲労が溜まってきます。心の疲労は睡眠などの休養や趣味での発散、癒しなどで軽減すると考えられます。
また人は我慢強くできているようで、心のエネルギーは満タン状態からかなり減らないまで不調は出ないようです。

ちょうど車のガソリンメーターが給油を知らせるアラームが点灯するくらいまで減ると不眠や憂鬱、興味の減退、ネガティブ思考増大などの様々な症状が出ます。
しかし、アラームが点灯すると一気に悪循環をきたしてしまいます。相当辛いのに、眠れないとさらに疲労が溜まります。

短期の休みや業務量軽減でも今まで通りに回復しないため、自分の不甲斐なさを感じてしまう。
せっかくの休みも何もできず、悶々と一人良からぬ思考にどっぷり浸かってしまい不調が進んでしまう。

といった様々な悪循環に陥り改善しないばかりか悪くなってしまうのです。
なんとかしなくてはなりませんが、自分だけの力ではここまでくると改善しづらくなっています。
安心に包まれて、長期的に本当の意味でゆったりできれば良いのかもしれませんが・・・それもなかなか難しいと思います。

そうなると誰かの助けが必要です。理解のある、家族、友人とつながることも大切ですが、病院受診して、主治医と信頼関係を築きつつ治療を開始することも意味を持ちます。
治療の中には投薬も含まれます。薬は主役にはなり得ません(当院では絶対に薬漬けにはしません!)が、どん底の状態から抜け出すには有効な手段ともなり得ます。

しかし、最初に一番必要なのは心身の本当の意味での休養です。本当の意味での休養は実は難しいものです。例えば仕事を休職しても、「周囲に申し訳ない、自分は不甲斐ない、どうしてこうなっただろうか?早く復帰して取り戻さなくては・・・」という思いにとらわれ続けがちです。その思いに服従し過ぎると、休んでも心身休まらず、当然改善しづらく、また焦りや不甲斐ない気持ちが高まり、また負の連鎖に見舞われてしまいます。

だから休養すなわち改善という一筋縄ではいかないのです。ガス欠の車に対してガソリンを補給すればOK→元気とはいきません。

これもイメージですが、うつ病の状態は車で言えばガス欠よりオーバーヒート、体の病気とすれば肉離れの方がイメージに近いと思います。真面目に取り組んでも休養には数週間から数カ月かかることが多いです。時間はかかってようやく状態を改善できたら、はい終わりというわけにはいきません。次のステップとして社会復帰してもぶり返さないか?ということが問題になります。
どのような環境に戻るのかと、どのような考え方(心構え)で戻るのかを調整していきます。

またまた例え話になりますが、お付き合いください。
かつてオーバーヒート状態に陥りましたがピットインの結果、車の状態は何とか正常に走れる状態になりました。次はどのコースを周回するのか?を決めていきます。あまりに難しい、荒れたコース、いきなりピットイン前のコースだとまたオーバーヒート・・・ということになりやすくなります。
ある程度最初は容易いコース、最終的にも自分に合ったコースを選ぶことが必要になります。それにより再度の不調は回避しやすくなります。
では、今後はコースを選ぶしかないのか?同じように働くことは難しいのか?という思いがわくと思います。それしかないかというと違いまして、次の着目ポイントはドライビングテクニック(運転スキル)です。いわゆる車(エンジン)に優しいエコドライブを意識していくことになります。頑張るなというと極端で、力みを減らした過ごし方(運転)が大切になります。考え方を柔軟にして、ネガティブ過ぎない、執着し過ぎない考え方を取り入れることがとても大切になってきます。そのような心がけも取り入れて再発を防ぎ、充実した人生を送ってもらえると良いと思います。
なんだか厳密ではない例え話に付き合わせてしまいましたが、うつ病やその治療におけるイメージを持っていただけたら幸いです。個々の患者さんによって微調整も必要ですが、ある程度こういったイメージに沿って治療を進めていければと思います。どうぞお気軽にご相談ください。