052-971-3711
WEB予約はこちら

久屋大通駅 徒歩5分 / 高岳駅 徒歩7分
栄・丸の内地区からも徒歩圏内

物忘れ

物忘れ

2018年5月7日

年齢が進むと、誰でも物忘れがある程度増えくるものです。自分もしくは家族の物忘れが“ある程度”の範囲内かどうか心配されるケースが多いと思います。我々としては物忘れ周囲の話を聴きながら、まず物忘れを引き起こす認知症以外の病気(ホルモン異常、栄養障害、電解質異常、血糖の異常、貧血、てんかん、脳腫瘍、慢性硬膜下血腫など)がないかどうかを考えます。それは万一でも他の病気・状態があれば治療が異なるからです。そういった病気はなさそうとなると、認知症かどうかの評価となります。詳細評価は総合病院と連携は必要になりますが、日々の治療、支援についてはかかりつけ医として役割を果たせると思います。物忘れの周辺症状には、心療内科的アプローチが必要なことも多くあります。最後になりますが、物忘れに関しても心身の疲労(うつ病)や自律神経失調に伴う症状(健忘)として出現することがあり、心のケアが主体となる場合もあります。